気候変動と資本主義 

 太田サトルという人が、先日、雑誌にこんなことを書いていました。「売れてるよね。でもアレって打ち込みでしょ、ロックじゃないじゃん。~」・・・シニア世代のロックファンの皆さま、ついつい若者にこんなこと、してませんでしょうか。これらは、もしかしたら“ロック・ハラスメント”なのかもしれません。」

 先日の新聞に、著者大写しで、カラー全頁広告が出たのには驚きました。斎藤幸平氏の『人新世の「資本論」』、という本はまだまだ売れる、と集英社は踏んでいるのでしょう。先日吉田裕氏の『日本軍兵士-アジア・太平洋戦争の現実』という労作を読みましたが、これは19年度の新書大賞で、『人新生の~』は「21年度新書大賞」とカバーに大きく書かれています。前に買ってあったのですが、そのままになっていたところ、先日それを話題に取り上げるオンライン会があったので、読んでみました。感想を一言でいえば、「悪くいわない方がよい本」、でしょうか。
 新聞広告には「資本主義が犯人だ」「資本主義にさよならを」とあり、本のタイトルには「資本論」が、本の中にはマルクスが出て来ます。つまり、そういう本なのですが、しかし、昔からの社会主義共産主義の臭いはしません。

 「資本主義の際限なき利潤追求を止めなければならない」。斎藤氏の言葉に同感の人は、3.5%(それだけいれば何とかなると斎藤氏はいいます)以上はいるでしょうが、これまでは、専ら、貧困や搾取やまた支配や差別など、社会構造的な<犯罪>が告発アピールされてきました。しかし斎藤氏のアピールは、とにもかくにも気候変動が前面です。「地球も人も壊される。気候変動もコロナ禍も、資本主義が犯人だ」。「未曽有の気候変動は、資本主義の成長によってこそもたらされたものであり、持続可能な経済成長などありえない」。
 ということで、「唯一の解決策」は「脱成長コミュニズム」だ、というのですが、といっても貧しくなるのではなく。むしろ「脱成長」は(こそ)「潤沢」だといいいます。さしあたりどう潤沢かは置くとして、いずれにせよ、「資本主義にさよならを」して「脱成長コミュニズム」に変えてしまおうという大転換は、誰がどのようにして実現するのでしょうか。

 昔からの(経済的)搾取と(政治的)支配の告発は、<搾取され支配される>人々が主体となって国家権力を奪取し、搾取システムを解体してゆくという、政治主導プログラムに続いていました。ただ、そのようなプログラムは、少なくとも今のところは、「成長」著しい強権「国家資本主義」国家を生み出したままだし、その他いろいろあって、ほとんど人気がありません。
 それに対して、斎藤氏は、国家主導も政治先行も否定し、変革主体も特定の階級などではなく、普通の人々に期待します。ただこれまでも、国家からも市場からも独立した、自治的で相互扶助的な生活共同体やそれを目指す運動は、山ほど試みられてきましたが、それら多様なコミューン的試行は、特に参照に値しないようで、もっと普通の人々、コモンピープルによる、もっとスマートでオープンで日常的な試みや運動に期待がかけられます。例えば地域共営インフラ事業とか地産地消のコープ運動とか、その他いろいろ。
 確かに、家や仕事もない人たちや食べる物がない子どもたちこそは資本主義の一番の犠牲者でしょうが、普通コモンの人々にとっては正直いって「他人事」です。その点、気候変動や環境破壊は、誰にとっても他人事ではないでしょう。先日の「ロンドン時事」ニュースによれば、英バース大などが世界10カ国の若者に調査したところ、90%以上が、気候変動問題と地球の未来に不安を抱いているということです。

 といっても、「地球にやさしい、気候にやさしい」生活は高くつきますので、私なども「SDGs」に共感して(騙されて?)、ソーラーハウスに改築して、日曜日には買い替えたEV車で家族そろって無農薬農家交流会に行ったりします(私というのはウソですが)
 そういうと、家をエコにリフォームしたり車をクリーンに買い替えたりするのは、資本主義の延命に手を貸すことではないかなどと、了見の狭いことをいう人が必ずいますが、そんなことをいえば、集英社が数千万、もしかすると億を越える金をかけて新聞に全頁広告を出すことを了承するのは、それ以上の儲けを見込む出版資本に手を貸したことになってしまいます。それはハラスメントというものでしょう。
 「ブームといわれるほど売れる本は、決して大衆に、自分の価値観を否定されたと思わせる内容のものではない」(江種満子)。もしそうなら、この本は、「90%以上が、気候変動問題と地球の未来に不安を抱いて」いるという「価値観」あるいは「価値危機感」に乗って売れているのでしょう。そうした多数派を、集英社の力も借りて、「資本主義批判」に誘導することができるかどうか。「売れてるね。これってあれでしょ」なんてことはいわずに、期待して待ちましょう。

日本人は、好きだから

 「日本人は戦争が好きだから、事前にゴタゴタ理屈をならべるが、火蓋を切ってしまえば、アトについてくる」、と、旧陸軍軍務局長小磯少将は豪語したとのこと(半藤一利『B面昭和史』)。実際にまた、雪崩を打ってそうなっっていったのでした。

 同様に、全軍総司令官気取りのあの男も、タカをくくっていたのでしょう。「日本人は五輪が好きだから、事前にゴタゴタ理屈をならべるが、開会してしまえば、アトについてくる」、と。

 嘘と賄賂による招致から開催によるコロナ招致まで、どこをとっても何度も繰り返しどうしようもないまま、政治強行された五輪ですが、始まれば「開いてよかった」の声が過半数となったらしい世論。とはいえ、始まった以上は、観たければ観、観たくなければ観ない、というだけの話であって、「アトについてくる」すなわち支持率上昇だ、と括った「タカ」はスカのようです。

どちらも同じ

 (いつものくせで、面倒になってきましたが、まあ、もう少しだけ)
 ここで左に曲がっても次で曲がっても会社に戻るのは<同じ>なら、ロバでも自由気軽に選べますが、突然右に曲がって職場に戻らないというのは、既定の状況全体を覆して自分を解放する(自分が解放される)、人間的自由の発揮のように見えます。
 とはいえ、実際の事情はいろいろで、「え? また辞めたの。どうして?」「いや別に理由はないんだけど」、というようなこともあるかもしれませんが、普通は、何か理由があって意図的に会社に戻らないと決めるのでしょう。突然タクマラカン砂漠に行きたくなったとか、派遣先の職場が予想以上にブラックでとか。我ながら、あるいは他人にも、勇気ある、あるいはあきれた、あるいは切羽詰まった、決断行動だと認められそうです。
 しかし思えば、左折と直進はどっちでも<同じ>で、でも右折は<それとは違う>という区分けもまた、あやふやなものでしかありません。歩いてもバスに乗っても、駅まで行くのは同じだし、駅からJRでも地下鉄でも、映画を見に行くのは同じですが、家を出たところで突然気が変わり、駅も映画もやめたとすれば、どうせ<同じ>という枠組みを拒否する<異質>な自由の行使に見えます。「ホームに電車が入ってくるときね。もし線路に飛び下りたらどうなるんだろうって、時々思います」(加納朋子)。さすがにロバは、そんなことは思わないでしょう。多分。
 けれども、枠を組み換えて眺めれば、予定通り出かけて映画を見るのも、気が変わってステイホームで友人と過ごすのも、どちらも<同じ>ありふれた休日の過ごし方という言い方もできます。ホームに飛び降りないか飛び降りるのか、「生か死かそれが問題だ」としても、こんなところで言及するのは不謹慎ながら、「自分自身からの排除」という状況の下では、生きること死ぬこと殺すことが<同じ>になってしまうと雨宮処凛氏は言っています。

「アスリートに罪は」

 五輪強行への批判的な言説は、開会以後も収まりませんが、多くの場合、「アスリートに罪はないが」という常套句が入っています。炎上対策に入れただけという人もいるかもしれませんが、たいていの場合は、本気でそう思って書いているようです。森、橋本、山下、みんな元アスリートですが、現役「アスリートには罪はない」、と。

 「嘘と裏金で招致し、以後のあれこれは書くのも汚らわしい強行五輪だ。ただし、選手たちは、そんなことに関与していない。彼らは、ただひたすら、より速くより強く・・・記録だけ勝利だけを目指して努力してきたのであって、記録と勝利以外のことは、関わっていない、考えもしない。アスリートに罪はない。」

 しかし、世の中には「罪がないという罪」がたくさんあります。

 もちろん、アスリート、選手とひとくくりにすることは問題で、他の分野と同様に、いろんなことをしっかり考える人もいるでしょう。しかし、「アスリートに罪はない」という場合は、おそらく、「競技だけに打ち込み、競技以外のことは何も考えない」純粋な競技者が想定されています。

 「五輪強行が政治的に社会的に問題があるとしても、アスリートは、五輪や自分たちの行動の政治的意味や社会的意味について、何も知らず、何も考えず、ただひたすら(国を背負って)自分が勝利することだけに全身をささげる純粋な存在であって、だから、アスリートには罪はない」。

 つまり、「罪はない」とされることで、純粋アスリートは、純粋軍人と同類に扱われているわけです。

 純粋軍人に罪はない?

逆に曲がる自由

 では、逆に、右に曲がるのはどうでしょうか。

 無意識に右折: といっても、「気が付くと右に曲がっていた。何やってんの、私。笑って引き返した。」・・・というようなケースは何でもありませんから除外です。
 無意識に右折: 「気が付けば右に曲がっていた。俺の身体が、戻るなと告げていた。俺は会社を辞めることにした。」・・・昨日までは無意識の束縛で、今日は、無意識のうちに解放された、ということなのでしょうか。
 意識的に右折: 「私は決心した。あんな会社なんかどうでもよい。辞めようと決めて、右に曲がった。私は私を解放した。」・・・こうなると、意識的で意図的な、私の行動です。ロバのしょぼい「自由」などではなく、人間的というか主体的というか、立派な決断行動に見えます。

 ところで、「私は私を解放した」、と今書きました。とすると、二つの私があることになります。「私」は<私>を解放した。<私>は「私」によって解放された。<私>を束縛していた例えば会社から<私>は解放された、そのような<私>のあり方を「自由」といってよいかもしれません。しかし、柵の戸が風で開けば、ロバも草地に出て「自由に」草を食べるでしょう。
 とすると、「自由」とはむしろ、私を「解放する」、私に「解放される」というそのことなのでしょうか。

曲がる自由2

 では、無意識にではなく意識して左折した、という場合はどうでしょうか。曲がり角の少し手前で、前からスマホ片手の高校生の自転車が来ることに気が付いたので、避けるために曲がった、とか。最近ここで曲がってなかったが、もしかして新しい店でもできてるかなと思って曲がってみた、とか。見えた自転車や想像した新しい店は、「なぜ?」と聞かれれば答えることができる「理由」です。それらの理由で私は曲がった。それらの理由が私を曲がらせた。
 ただし、意識的であっても、自転車や新しい店のような、はっきりした理由がない場合もあるでしょう。何となく「ここで曲がってみようかな」と<思って>曲がってみた、とか。あるいは、「理由はないが、今日はここで断固左折するぞ」、と力んで曲がった、とか。
 しかし、無意識に曲がろうと、「断固曲がるぞ」と大いに意識して曲がろうと、あるいはまた、理由なしに何となく曲がろうと、自転車を避けるためという明白な理由があって曲がろうと、そんなの関係ナイ。ここで曲がっても、次の角で曲がっても、どちらも結局会社に戻る・戻らされて、午後の仕事をする・させられることに変わりはありません。
 そう思えば、犬井風に「曲がるのも曲がらないのも、自由だ」、といっても意気があがりませんが、逆にまた、どっちでも同じなのだからどっちにしようが自由だ、という言い方はできない、ということでもないでしょう。もしかすると、ある意味これこそが自由なのかもしれません。干し草を右から食べるのも左から食べるのも、ロバは「自由だ」。どっちにしても食べるのですから。
 例えば「自由電子」の「自由」は、束縛を受けていないという意味で、だからそれはありないようですが、しかし処理仮説として「自由」だとされます。「動く」だけではありえず、全ては「動く=動かされる」のですが、それでも「自由だぁ」ということでしょうか。

 しかし、ロバもルンバも、しょぼい自由の結果、ここの角か次の角で左に曲がるのですが、人間は何と、逆に、右に曲がることもできるのだそうです。

承前、曲がる自由

 それはそれとしてなどといっていられない世の中ですがそれはそれとして、ある日、行きつけの店でランチをとった後、本屋で雑誌を立ち読みしてから、社に戻ろうとしていたとします。そのコースだと普通は花屋の角で左折するのですが、どういうわけかその日は、ひとつ手前で曲がったのでした。
 誰かに押されたわけではありません。曲がったのは私です。でもなぜ?

 ところがそう聞かれても困ります。理由もきっかけもありません。というより、曲がろうとして曲がった、という記憶がないのです。「ほんとだ、曲がったんだね」、と過去形で聞き返す始末。つまり私は、無意識に曲がったのでした。

 しかし無意識といっても、私は気絶したわけではなく、身体の統合機能も認知機能も、いつも通りに働いています。例えば左に曲がったのは会社の方角だからで、脳内地図が左を指示したのでしょう。他にも、大体の時刻、自分の体調や普段の歩速、気温や天気、会社での自分の地位や午後の仕事に見合った帰社すべき時刻、その他のデータが、意識下で総合的に関与して、私は、ある速度で左に曲がったのでしょう。
 確かに曲がったのは私ですが、曲がったと気付いたのは曲がった後です。曲がった時点では、私の意識的指令がないまま、意識下のプロセスが私を左折させた。だから、私は曲がらせられた、と受動態の過去形で語ることもできるでしょう。私は曲がったが、曲がらせられた。  

 長々とつまらないことを書いてしまいましたが、よくあることですから、犬井氏も、こんなシーンをネタにして、「ここで曲がるのも、もう一つ先で曲がるのも、自由だぁ」、などとはいわないでしょう。(続く)